【玄関リース】冬バージョン1作目!2018年 Winter version.1

玄関リース冬バージョン

新築後にやりたかったこと。玄関ドアの飾り(リースやスワッグ等)を自作して、季節ごとに変えていきたい!と思っていたのですが、年末の正月飾り制作を機にスタートしました。

正月飾りは昨年末の12/29に飾って昨日撤去したので、わずか10日間だけしか飾りませんでした。ちょっと勿体無い気がしますが、新しいものを飾りたい気持ちもあるのでサクサク切り替えです。

玄関リース正月注連縄

↑正月飾り。名残惜しいですが終了。フックに引っ掛けるテグスが長かったことと、風に煽られやすく軽いためか、何度か表裏がひっくり返っていました。来年の課題です。

玄関リース冬・雪・小枝のリース

↑2018年冬バージョンリース1。小枝のリースをベースに、冬っぽい感じ。今日から1ヶ月ほど、2月中旬くらいまで飾る予定です。。2月下旬から3月末までは、冬バージョンリース2として作成する予定です。

材料は先月末に初めて足を運んだ造花・花器・クラフトの専門店【east side tokyo】で購入したものと、100均で売っている素材の組み合わせ。妻が器用に1~2時間ほどかけてグルーガンを使って作成していました。私にはこういうセンスはないので、今後も玄関飾りは妻にお任せですw

シモジマでリースのベース購入

↑シモジマのeast side tokyoで今回の素材と室内用のインテリア用素材をまとめ買い。

east side tokyoで玄関リースまとめ買い

↑安くて良いものが豊富に揃っているので、たくさん買っちゃいました。

玄関リース素材

↑リース素材も3点購入。1つ1000円前後なので、今後の作品を作る上でも先に買っておいたほうがイメージしやすいだろうと思って買いましたが、見てるとどんどん欲しくなっちゃいますw

木目の玄関ドアに玄関リース冬バージョン

↑正月飾りは赤や金色が入っていて鮮やかでしたが、今回は冬らしく白を基調としたやさしい感じ。玄関飾りが変わると気分が変わって、とてもいいです♪

作成費用は小枝のリースを含めて3000円程度。少し高く感じますが、松ぼっくりなど今回使用した素材はしっかり余らせてあり他の制作時に使用できるため、今後継続して作り続けていれば制作費用は下がってくるはず。こうして余る素材が出てくれば、他の素材と組み合わせたりしてより良いものが作れるのではないかと思うのです。

常にいろんな素材がある状態が理想的だと思っていて、それらを見ながら楽しく想像しながら作っていけるようになればいいなと。リースのベースを3種類購入したのもそのためです。創造意欲を掻き立てられる状況にしてしまい、妻に格好いいものを作ってもらう作戦w

そして、ゆくゆくは子供たちとも一緒に、いろんなものを作っていけたら、子供たちが興味を持ってくれるようになればいいなと思っています^^

スポンサーリンク

フォローする