【新築・床】無垢床(アカシア)2年経過。傷や汚れの状態など

無垢床アカシア永大2年経過

我が家の床は水場以外すべて、無垢材(アカシア)です。EIDAI(永大)のプレミアムクアカシア・オイル(ACR-YC)です。無垢材の中では値段が安く、木目もばらつきがあるのですが、我が家では夫婦揃ってそのワイルドな木目のバラつきが気に入って採用しました。2年経過した今でも飽きはこず、気に入っています。

しかし、2年経過すればさすがに傷がつき、継ぎ目の隙間があいたりと、悪い面も出てきます。入居時点で娘6歳、息子4歳でしたので、傷や汚れは覚悟の上でしたので、多少の傷や汚れ程度は気にしませんし、ストレスにもならないのですが、無垢の床にしようかどうか迷っている人にとっては気になりますよね。今回はそんな我が家の無垢床(アカシア)のリアルな面を写真つきで紹介したいと思います。

無垢床(アカシア)の傷2年経過

↑いきなりですが、です。写真中央すこし上、大きな傷があるのがわかりますでしょうか?その他にも、目を凝らせば無数の傷があります。しかし、ワイルドな木目のおかげで、傷はあまりめだたず気になりません。この傷が気になるとか、嫌だなぁと思う方は、無垢の床にすると確実に後悔します。アカシアは無垢の床材でも堅い部類に入りますが、杉やパイン材なんかだとアカシアよりも柔らかいので、この写真よりももっと大きなダメージが!

↑少し引いて撮影してみました。傷、目立ちますでしょうか。床の汚れはどうでしょうか。無垢床用のモップで掃除したり、ルンバに働いてもらったりしつつ、ときどき乾拭きしてますが、子供二人いますので結構汚れます。

↑ルンバでお掃除しながら撮影。ここは現状家族4人が1日の9割以上の時間を過ごす、LDK。長い時間過ごしますので、汚れやすく傷もつきやすい環境。普段はこのLDKに椅子が6~8脚、ダイニングテーブルが1台置いてあります。

↑新築時、入居当初は傷がつくのを少しだけ気にして、掃除機はかけないようにしてましたし、ルンバも傷がつくのではないかと敬遠していましたが、今はもう気にしていませんw

15畳のLDKだと少し時間はかかりますが、ルンバくんよく働いてくれています^^

↑この日の床の状態は、ルンバをかけている最中ということもあり、比較的きれいな状態です。このあと雑巾でからぶきしたりしますが、結構厄介なのが、皮脂汚れ。春~秋までは家族全員素足で過ごしますので、結構皮脂汚れがつきます。この写真だとわかりづらいですが、目を凝らすと皮脂汚れがついていたりします。

↑そして、もうひとつ無垢床にありがちな問題。見てくださいこれ!継ぎ目の隙間!1ヵ所だけですが、隙間が大きい場所があります。これは無垢材だとある程度は仕方ないですね。この写真撮影前に、観葉植物の鉢を倒してしまって隙間に砂が詰まってますw

↑ちょっと汚いですが、つまようじで掻き出しました。子供が小さいと、食べかすなんかもポロポロこぼしますよね。そういうのも、隙間によくはさまりますw

ということで、無垢床ならではの負の面をご覧いただきましたが、無垢床はいいですよ~♪我が家では家族皆、この床が大好きで夏なんかはよく寝そべってます。堅いけど気持ちいいんです♪

もっと詳しく書きたいのですが、今回は2年経過した床の状態にスポットをあててみました。今回はLDKだけでしたが、時間があるときに2階の床の状態についても詳しく書きたいと思っています。我が家は2階もすべて同じ床材ですが、1階と2階では床の上を移動する時間が90:10、いやそれ以上かもしれません。95:5くらいでしょうか。これほど大きな差がありますので、床の状態も全然違います。当然ですが2階のほうが断然きれいで傷もほとんどありません。

床の傷が気になる方は、滞在時間が長いLDKや1階は汚れづらい床材にして、2階は無垢にする。という手もありではないかと思います。我が家は水回り以外は床を統一したかったのと、単純に統一したほうがコストが安くすみそうだったので、無垢床で統一しました。

一片の悔いなし!無垢床最高で~す♪

スポンサーリンク

フォローする