フリードプラスようやく納車!

先週、我が家の新しい車、フリード+(プラス)が納車しました。2月頭の契約から2ヵ月ちょっと待ちました。本当は3月末までの納車を狙っていたのですが、かなり売れているらしく、たった1週間検討しただけで納期が3末から5月頭にのびてしまいました。その後、少し納期が縮まり、先週やっと納車。この家を建てる前から、近い将来フリード等のコンパクトミニバンに乗り換えることを検討していたのですが、新築後2年半も経過してしまいました。

このサイズの車購入を想定して、狭い敷地の駐車スペースを幾度となく検討していたため、納車後の初駐車はとても感慨深かったです。

↑色は白!フツーというか無難というか、5年後くらいに乗り換えも検討しているので、人気色の白にしました。

↑我が家の外観、白の塗り壁と同じ色。いい感じです。

家と同じで、車も外観にはあまりこだわらず、オプションはつけていません。そのかわり、社内にはちょこちょこオプションつけたら、見積の時点で300万円超えてしまいました。最終的には値引きで280万円程度になりましたが、ちょっと高いですね。最初はこのサイズの車ならどちらでもいいか!という感じだったので、フリードプラスよりも価格が安いシエンタに気持ちが傾いていたのですが、フリードプラスとシエンタを乗り比べていろいろ比較した結果、フリードプラスにしました。乗車したときの視認性や開放感、快適さがフリードプラスのほうが断然上だったのです。数十万の価格差よりも、後悔しない選択をしましたw

↑シートをレザー調(タン)にしました。白のフリードは街中でよくみかけるので、少しでも我が家の車とすぐに認識できる何かがほしかったのでw

↑写真はipad miniですが、スマートフォンなんかも置けて便利。

↑3列目がないフリードプラスにしたため、2列目が最後尾です。その分、荷室はとても広く、荷物がたくさん入りそう!これでキャンプ道具もたくさんつめて快適だぜ!

当初はフリード、シエンタともに3列シートで検討していたのですが、3列目使う?と考えた結果、年に1度すら使うかもあやしい。ということで、より荷室が広くとれるフリードプラスにしました。ほとんど家族4人でしか乗らないし!

↑これまで乗っていたのは中古で購入した初代フィット(2006年式)でしたが、さすがに10年以上経過すると、車の進化もすごいです。まず感じたのが、ボタンが多い!多すぎ!便利なのは良いのですが、操作おぼえるだけでも大変だなぁ。

↑頑張ってくれた初代フィット。別れを惜しむ娘と息子。走行距離55,000km程度で手放しましたが、まだまだ走れたなぁ。しかし、13年落ちで税金も上がり始めたし、息子も小学校に上がったため、もう限界でした。8年前に中古で50万円だったコイツ。最後はディーラーのお情けで下取り価格1万円でお別れです。娘と息子が生まれる前から今まで、本当によく頑張ってくれた!ありがとうフィット!

子供たちが幼いときは、予想どおりとても汚しました。汚い靴でズカズカ乗り込んだり、車酔いで嘔吐したり、、、そんな過酷な期間は、型落ちの中古車で、汚れを気にすることなく乗れて、ストレスなくて本当によかったです。まだ二人とも小学生なので、これからも汚すとは思いますが、最近はだいぶマシになりました。このタイミングでの新車乗り換えは、もう少し早く乗り換えるべきだったかな?とも思いますが、ちょうどよいタイミングだったとも思います。子供たちが小学生の間、一緒に旅行に行ってくれる間は、このフリードプラスで楽しい思い出をいっぱい作ろうと思います♪

しかし、、、やっと納車され、これからGWだというのにコロナウィルスのせいで出かけられません。車を検討し始めた1月下旬には、まさかこんな大変な事態になるとは思っていませんでした。早く遠出したりキャンプ道具を買い漁りにいきたいのですが、今はしっかり自粛しようと思います^^;

スポンサーリンク

フォローする