強い台風24号!強風の影響で新築戸建てが揺れた!

いや~今年は本当に酷い年ですね^^;

日本中で地震や台風、水害による被害が相次いでいますが、ここまであまり影響を受けなかった横浜。しかし、昨日の台風24号は日本列島をほぼ縦断する形で、我が家も影響を受けました。

新築してからもうすぐ1年の我が家ですが、今回の強風をうけて少しですが家が揺れました。揺れたといっても震度1あるかないかくらいの揺れで、鈍感な人は気にならないどころか気づかない程度だったと思います。

個人差があると思うのですが、我が家では妻は揺れが気になりあまり寝られず。娘は揺れ以前に風の音が怖くて寝られず。息子と私はあまり気にならず余裕で寝ていましたw

寝る前にカーテンをあけて外を見てみると、お隣さん宅の木がグングンしなり、風の強さが半端ない様子が一目でわかりました。

家が揺れるほどの強風を数時間に渡って受けたことにより、私が一番気になったことは、外壁に亀裂が入るなどの影響が出ていないかということと、飛来物の影響で何か被害が出ていないかということ。

翌朝、軽く家の外壁を見てみると、、、目に見える影響は皆無!よかった。家の前の道路にゴミが少し落ちていた程度で済みました。今回程度の揺れて外壁に影響が出てたら、地震ではもっと影響が出るでしょうからね。出てもらっては困りますw

わが家は2階建てですが、もし3階建てだったら、もっと揺れてただろうなぁ。こういう時はマンションは揺れないだろうなぁ。

色々考えさせられる台風でしたが、今回の教訓を今後に活かすべく、記録しておこうと思います。

2018年:台風24号

  • 中心気圧:950hPa
  • 最大風速:45 m/s
  • 最大瞬間風速:60 m/s

結構強い台風だったと思うのですが、危なげなく耐えられました。しかし、もっと強い台風がきたらどうなるのか。どう動けばよいか。

この日は台風が直撃することが事前にわかっていたこともあり、事前に対策をすることができましたが、対策といってもごくごく当たり前のことしかしていません。

  • ・南側1階、2階の掃き出し窓のシャッターを閉めておく
  • ・玄関アプローチに停めてある電動自転車を家の中に入れておく
  • ・強風で倒れそうなものを固定したり家の中に入れておく
  • ・手の届く位置にLEDライトを置いておく(停電対策)

我が家は窓のシャッターを南側の大きい掃きだし窓にしか設置しませんでした。縦滑り窓や横滑り窓が多いため設置しなかったのですが、子供部屋と寝室の引き違い窓にも付けておけばよかったかなぁ。飛来物が飛んできて直撃なんてことは滅多にないとは思いますが、可能性がゼロではないですからね^^;

北側の玄関アプローチ・駐車スペースにはマイカーと、主に妻が使用する電動自転車、そして子供達の自転車2台を置いているのですが、妻の電動自転車のみ、玄関土間に入れました。子供達の自転車は車の後ろに放置w

↑今年の2月の雪のときに撮影した写真ですが、こんな感じで電動自転車を収納。結構全長がありますが、納まる上に土間は半分以上あいています。

多少雨に濡れても気になりませんし、車と家の狭い隙間に挟まるように置いてあるので、強風で煽られても車にちょっと傷が付くくらいですむでしょうから(これくらいではワタクシまったく気にしませんw)中にはしまいませんでした。

強風で倒れそうなものを固定したりしまったりするのも、重要な対策だとは思いますけど我が家にはそんなものは殆どありませんw

↑この緑のソーホース×2脚。これは普段は道路と駐車スペースの境に置いているのですが、強風で倒れる可能性が十分にあるので、奥にしまいました。

あとは先日交換したばかりの玄関リース。これなんか確実に飛ばされてバラバラになること間違いなしですw

そして最後に、手元にLEDライト。台風では停電することが結構あると聞いていたので、子供部屋と寝室に一つずつLEDランタンを置きました。というか、普段から置いてあるのですがw

子供達にも操作方法は伝えてあるので、すぐに使えるはず。

あとは水や食料の備蓄などは普段から対策してますし、他に準備しておくことは特にない、、、はず!心の準備が出来ていませんw

台風は事前に規模や強さがわかるので、一番重要なのはマメに情報を得て避難が必要そうな規模だったら早めに動くことですね。

とはいえ、そんな強烈な台風が実際に来たとして、付近の住民が皆避難所に駆け込んだらどうなるのだろうか?

避難所はコンクリートでも窓は大きくて弱そうだし、家に居たほうがよいのではないか、、、などと思ったり。もう少しリアルにシミュレーションしておく必要がありそうです。

近年、今年に入ってからは特に災害が多いため、自宅でも会社でも防災意識の高まりと、事前準備はだいぶ整えるようになってきましたが、まだまだ抜けがあるような気がしてなりません。今一度、見直してみようと思った今回の台風でした。

スポンサーリンク

フォローする