【WEB内覧会】1帖の狭い土間収納(シューズクローク)

新築後1年半経過してしまいましたが、WEB内覧会系の続きをアップしていきたいと思います。今回は我が家の玄関にある、土間収納について。先日、土間収納の棚を作成したので、この機会に玄関収納について詳しく書こうと思い立ちました。我が家の土間収納は1帖の狭い収納スペースですが、思いのほかたっぷり収納出来て使い勝手も良く快適です。少しでも参考になれば幸いです。

土間収納に靴は置かない

↑まずは図面から。我が家の玄関収納は「SC1畳」と書いてある赤枠部分。靴は1足も置いてないのでシューズクローク(SC)ではないですねw

靴は玄関収納の向かいに靴箱を設置したため、この土間収納は靴以外の物置として使用しています。靴とそれ以外のものを分けるメリットは大きいです。靴って汚れるし臭ったりしますよね?ちゃんと洗ったりお手入れしてれば大丈夫かもしれませんけど、我が家は小さい娘と息子がいます。外で遊んで、靴にもたっぷり汗をかいてきますし、汚してきます。収納内の通気性がわるければ、カビの発生源にもなるため、他のものと分けておけると安心です。我が家では別途靴箱を設けたことで、仮に臭いが出てしまっても、靴箱内でおさまります。いや、ちゃんと洗って臭いでないようにしますけどねw

扉は広く開口できる折れ戸

↑写真左、土間収納の扉です。玄関のWEB内覧会記事でも書きましたが、我が家の玄関収納と室内ドアは、全てEIDAIのトラディショナルモード(ラスティックライト)で統一しました。

↑扉の形状は折れ戸を採用。このサイズの玄関収納だと引き戸が多いイメージですが、それだと片側半分しか開かず不便だと思ったので、折れ戸にしました。この判断は大正解でした。ガバっと大きく開いて、物の出し入れがしやすいです。そして、玄関土間のスペースが1.5帖程あるので作業しやすく快適。

↑土間収納の扉の下は20cmほど隙間があいており、扉のレールは上部についています。引き戸の上部のレールは壊れやすいという話も聞いたことがありますが、今のところ全く問題ありません。むしろ床にレールあると塵や埃がつまって開けづらくなったりしないかなぁ?なんて思ったり。扉無しは絶対に嫌だったので、折れ戸にして本当によかったです。下の隙間があると通気して湿気が逃げやすく、収納内にカビが繁殖しづらくて良いと思っています。

↑扉を半分だけ開けてみました。雑然としていますw

↑扉をすべて開けてみました。引き戸だと通常の2枚のものだとここまで大きく開口しません。広い間口で作業がはかどります。棚右側は先日自作した収納棚です。新築時に造作をおねがいすることもできたのですが、私の趣味の木工で長尺物(2m以上のもの)を保管したりすることと、将来子供たちの部活や趣味で、大きなものを保管することがあるかもしれないと思い、自分でやることにしました。自作の棚だったら、壊して作り直すのも簡単にできちゃいますからね^^

↑玄関収納の左側。木材やゴルフバッグを置いてあります。収納棚の手前には娘の一輪車も。収納棚と扉の間には40cm弱の隙間があるため、スペースをあまり取らないものであれば置けちゃいます。我が家では既に不要になってしまいましたが、ベビーカーくらいなら収納出来ちゃいます。ここで重要なのが、折れ戸だと収納の中央部分にも気軽にモノが置けちゃうということ。引き戸だと一輪車が置いてある収納の中央あたりに物は置けませんが、折れ戸だと余裕なのです♪

狭い土間収納だから照明不要

我が家の土間収納は奥行きが半畳しかありませんが、そのおかげで収納内に照明は不要です。照明を設置しなくても扉をあければ十分明るいです。小さなことかもしれませんが、照明が1ヶ所不要になる、スイッチも不要になる、5年前後のLED照明の交換も不要になる、故障の心配もなくなります。

収納棚設置で天井までスペースを有効活用

続いて、収納棚を見ていきたいと思います。先日収納棚を設置するまで、我が家の土間収納は上半分の大半が空間になっており、有効活用できていませんでした。収納棚を設置したおかげで、収納力が格段にアップしたのと、物を探す手間が大幅に減りました。

↑土間収納棚の最上段と2段目。

最上段には軽くてかさばるものを中心においています。ケルヒャー(高圧洗浄機)の箱が置いてありますが中身は入っておらずケルヒャーのパーツと細かい掃除用具などが入っています。

その隣にはトイレットペーパー12ロール×2ケース。我が家では防災備蓄として、常に2ケースは未使用状態でローリングストックしているため、結構場所をとります。最上段右端下には災害用トイレ80回分×2ケース。あとはレジャーシートやダイニングチェア用のクッションとか。かさばる&普段は使用しないもののストックにも重宝しています。

2段目は、私がDIYで使用する電動工具&木材のストック。2段目左のダンボールには木材の端材が入ってます。右端には有孔ボードや桐板材など。電動工具の手前には小さい植木鉢が置いてありますが、置けそうなところにはついつい物を置いてしまいますw

↑続いて上から3段目と4段目。2段目に続き、私のDIY関係のもので埋まっていますw

3段目は工具箱と木材の端材。ウッドデッキや木工をしていると、端材がどんどん出てきますが、この棚においてある端材は長さが300mm~600mmほどある使いやすい材料が中心。収納の扉をあけてすぐに、この木材と工具があると、木工の意欲がモリモリ湧いてきます♪雑然としていますが、工具箱の上や木材の上に、妻がガーデニングで使っている土やバーミキュライトが置いてあります。

4段目は透明のコンテナ6つに、工具や塗料など、細かいものが大雑把に分類されています。本当に大雑把です。コンテナを透明にしたことで、本当に使い勝手がよくなりました。以前は引っ越しのときに使用したダンボール箱を再利用していましたが、深さが深いことと中身が見えないので、必要な道具や材料を探す時間が結構かかってしまっていました。透明&浅型に細かくわけたことで、見えやすく取り出しやすく非常に便利です。

↑そして最下段。ここは高さが1mほどあり、大きなものも置けます。といっても、普段おいてあるのは高圧洗浄機と娘のキックボードくらいなのですがw

↑こんな感じで、捨てるダンボールやゴミ出し日前日のストック場所として活用してます。玄関土間にゴミを置きたくないですからね。玄関土間は常に綺麗に!荷物は土間収納に、靴は靴箱にすべてしまい込んで扉を閉めてしまえば、玄関すっきり快適です^^

↑棚の側面。高い位置に空間があるため、そこをうまく活用できないかということで、妻が100均でワイヤーネット、結束バンド、フックを買ってきました。写真のとおり、息子のサッカーボールや空気入れなどを引っかけています。

以上、我が家の玄関土間収納についてでした。現状、収納しているものを改めてみると、半数以上が私のもので、かつここに置かなくてもよいのでは?と思うものが結構ありますw

まだ収納に余裕があるのでよいのですが、これから子供たちが成長するにつれ、もっと荷物が増えていくはずなので、少しずつ整理しながら棚割りなど柔軟に変えていこうと思っています^^

新築一戸建て4人家族の家作りコンセプト
家を建てるに当たって、自分たちなりのコンセプト設定は非常に重要だと思っています。どんな住まいにしたいか?子供部屋の数と広さは?外観は?駐車ス...
スポンサーリンク

フォローする