【外壁】スイス漆喰のカルクウォールを断念してジョリパットにした訳

先日、我が家の外壁で採用した塗り壁、ジョリパットの記事をアップしましたが、ジョリパットにするかカルクウォールにするかで、結構迷いました。最初はカルクウォールにしようと決めていたのですが、最終的にはジョリパットに。今回はその決定に至った理由を書きます。

まず、初めてカルクウォールの施工事例写真を見たときは衝撃でした。現物はみたことがないのですが、事例写真だけでも眩いばかりの白の塗り壁が本当に綺麗で、思わずこれだっ!と心の中で叫びましたw

↑カルクウォールの一例ですが、とても綺麗な白ですよね。今でも素敵だなぁと思います。この写真も含め、カルクウォールの事例写真を片っ端から収集したり、口コミやe-kodate、個人ブログなどで情報収集。かなり時間をかけて調べましたが、断念してジョリパットにした理由は下記の5点です。

1.経年変化の情報が少ない

カルクウォールは、国内でシェアをとっているジョリパットよりも情報が少ないのは当然だし、仕方ないと思いつつ調べていたのですが、肝心な情報が全く出てこない。その肝心な情報とは、、、

経年劣化の写真や記事

です。

外壁を白の塗り壁にしようと検討している方々は、同じように外壁をカルクウォールにしたいけど迷っていたり、躊躇している人も多いのではないかと思います。そこで一番心配なのは、やはり汚れ具合ではないかと思うのです。

塗りたて当初の綺麗な写真は素敵ですが、何年くらいで劣化し始めて、メンテナンスが必要なのか。美観を保つにはどのくらいのスパンで塗り替えるのが良いのか等。ジョリパットだと、その辺の情報や画像が出てくるのですが、カルクウォールは中々見つからず。これに決めてよいものか、とても不安になるのです。

また、最初にお見積もりを依頼した工務店さんは施工実績がなく自信がない感じだったのと、色々調べてくれたけれどリスクが多く、あまりお勧めしないといった様子でした。自分でも色々としらべてみましたが、情報が少ないし国内での実績もあまり多くなく、自社で施工の実績がなければお勧めしたくない気持ちもわかります。

2.施工する業者の腕に大きく左右される

これはカルクウォールだけの問題じゃないのですが、塗り壁はサイディングよりも施工業者の腕に大きく左右されるというのは、素人の私でもなんとなくわかります。なので、ジョリパットでも同じなんじゃないの?って思うじゃないですか。でも違うんです。ジョリパットはジョリパット専門の業者さんがいるらしく、我が家もFホームさん経由でジョリパット専門の業者さんが塗ってくれました。

↑ジョリパットを塗る直前の我が家の壁。下地?はグレーですが、仕掛かる前にコテ跡の厚さなどを目の前で塗って確認させてくれました。塗り方がとても華麗?で、手際よくササっと塗っていく様子は、まさに職人技!この方々に施工してもらえるなら安心だなぁ♪と、コテ跡の厚さも確認できたこともあって、とても安心しました。

3.通気工法に対応してる?出来る?

これも結構重要な項目でしたので調べたのですが、そもそも情報があまりないカルクウォールですので、通気工法に対応しているかの具体的な例はあまり出てきませんでした。昨今の戸建ては気密断熱の性能が一昔前よりも格段に上がっているため、通気をとって壁内結露を防止するのは安全面と建物を長持ちさせる上で非常に重要な事項です。カルクウォールで通気をとってる事例は数点見つかったものの、同じことを我々がお願いする業者さんが同じレベルで対応できるかどうかはわかりませんし、メーカー側から具体的な工法や推奨工法のようなものが無い以上、より一層施工を担当する業者の腕と経験次第ということになってしまいます。

先日の外壁の記事でも書きましたが、ジョリパットは提供メーカーであるアイカが推奨している工法があり、通気工法で推奨している工法も提示されています。

http://www.aica.co.jp/products/fill-w/jolypate/industrial/03rasumoru/

そして施工をお願いしたFホームさんは、この工法でジョリパットを施工した実績が豊富にあるため、カルクウォールよりもジョリパットを推してくるのは当然ですし、我々施主としてもやはり施工実績が豊富にあって慣れている工法で施工していただけるというのは、とても安心なのです。

我が家の場合、夫婦ともどもそこまでカルクウォールにしたい!という拘りが強くはなかったので、結果ジョリパットにしたわけですが、強く拘っている方も結構いるかと思います。

4.やはり高い。ジョリパットの方が安い

これが最も重要かもしれませんが、やはりシェアをとっている建材で、施工する業者さんも施工実績が多くあると、その分料金もお安くなります。

ジョリパットは塗り壁のなかでは高くもなくやすくも無いという感じですが、カルクウォールは高い部類に入ります。加えて、施工する業者さんに施工した実績がなかったり少なければ、リスクがあるので工賃も高く見積もるのはある意味当然ですし、仕方の無いことです。

塗り壁材として金額は高い!工賃も高くなりそう!でも素敵。。。ここで迷う人は多そうですが、我が家は拘りがそこまで強くなかったので、ジョリパットを選択しました。

5.メンテナンス費用が安い

これもイニシャルコストと同様に重要ですよね。ジョリパットはシェアをとっている分、施工できる業者も多く、塗り替えやメンテナンス費用も安くあがりそう。実際に「ジョリパット 塗り替え」などで検索しても情報はたくさん出てきますし、相見積もりも容易に取れるので、選択肢も広く相場が容易に把握できます。

我が家はFホームさん経由で施工してもらった業者さんにメンテナンスもお願いする予定ですが、もしメンテナンスの費用がバカ高い!なんてことになったら、相見積もりをとると思います。おそらくそんなことにはならないと思いますがw

以上、我が家がカルクウォールを断念し、ジョリパットに決めた理由でした。断念というと、妥協してジョリパットにしたような感じですが、そんなことはありません。ジョリパットの白は結構気に入ってますし、上記の理由を加味すると、とても良い選択をしたと思っています^^

それでも、とても魅力的に感じるカルクウォール。あの白は本当に素敵だと思うので、日本国内でも良い形で普及してほしいと切に願っています。7年後か10年後になるかわかりませんが、塗り替えの時期がきたときに、カルクウォールが今よりもっと身近な建材になっていてくれたらいいなと思ったりするのです。