玄関の庇の支柱メンテナンス オスモで塗装!

我が家の玄関の庇は、木製の支柱で支えているのですが、入居してから2年間一度もメンテナンスしていませんでした。新築当時はクリア塗装をしていただいていましたが、昨日スワッグを飾った時に劣化を発見!普段目につかないところなので、全然気づきませんでした^^;

↑見てください!塗装の効果がなくなったのか、灰色になっている個所があります!庇の下とはいえ、我が家の庇は小さいので、雨の日にちょっと風が吹いていると雨がかかります。この灰色になっている部分は外側なので、もろに影響をうけたのでしょう。

↑内側はまだまだ塗装の効果が残っているのか、劣化はありません。しかし、よく見ると結構汚れていましたので、サンダーで表面を少し削って綺麗にしたあとに、ウッドデッキや門柱に使用しているオスモを塗りました。

↑オスモカラーウッドステインクリアープラス。我が家が外構でメインで使用しているナチュラルなオイルステイン。

↑木の材質は違いますが、我が家のウッドフェンスや門柱は、このオスモで半年に1回塗装をしています。おかげで状態はとても良いです。ウッドデッキ、フェンス、門柱はハードウッド。庇の支柱は米栂(ベイツガ)です。

↑少し離れてみると、そんなに劣化している感じはしないのですが、汚くなる前にメンテナンスすることが肝心!綺麗な状態を保つためにも、今後は定期的にメンテナンスをしようと思います。庇のおかげで劣化は遅いので、1年に一回チェックして、劣化してる個所だけ塗装をする予定です。

スポンサーリンク

フォローする