地盤調査が表面波探査法(レイリー波探査法)で本当によかった

我が家の地盤調査は、表面波探査法(レイリー波探査法)でした。

一般住宅で最も多い調査方法はSS式(スウェーデン式サウンディング)ですが、SS式は精度がイマイチ柱状改良と判定されることが多く地盤改良費用が高くつく可能性が高いなどのデメリットがあるため、当初から表面波探査法で行ないたいと考えていました。

調査費用はSS式より調査費用が若干高くつく。などと言われておりますが、5万円前後ですのでそんなに高くはありません。我が家の場合は税込みで64,800円でした。冒頭の写真のとおり南北に縦長の土地で、広さは30坪程度です。SS式との金額差はわずかですので、まずは表面波探査法で調査をし、軟弱地盤と判定されてしまったら、追加でSS式でも調査をしてもらおうと考えていました。

そして地盤調査の結果は、、、表層改良(しかも結構浅い!)で済むことに。よかった~♪

軟弱地盤じゃなかったことは勿論嬉しいですが、なにより地盤改良費用が安く済みそうだということが、とても嬉しいです。数十万、場合によっては100万円以上の差になりますからね。

それに、柱状改良や鋼管杭改良なんかになってしまって、杭を打つことになってしまったら、、、将来土地を売却することになったときや、借地、建替えといった場合にも、杭(地中埋設物)を撤去しなければならないらしいので、そうなると当然、それなりのコストがかかります。嫌ですよねそんなの。調査の結果、残念ながら杭を打つ必要がある軟弱地盤だったら仕方ないと思うのですが、出来るならば自分の土地もシンプルに杭を打たない形で家を建てたいと思うのです。

ハウスメーカーだと地盤調査は標準でSS式であることが多いのですが、評判がすこぶる悪い。なぜ評判が悪いかって、多くの場合オーバースペックな改良工事をすることになるからです。それだけ費用が多くかかる(=業者側が儲かる)のは、施主側からすれば嬉しいはずがありません。

最近では表面波探査法でも調査してみたら、改良不要という判定結果がでたなんて話も結構ききます。地盤改良はとても大事な要素ですが、施主側としてはできる限りコストを抑えたいというのが本音だと思うのです。それならば、最初からSS式よりも精度が高い表面波探査法で調査をして、それでも不安だったり軟弱地盤と判定結果が出てしまったら、SS式でも調査をすればよいのではないかと思うのです。

コスト重視の方ほど、表面波探査法をオススメします。一般住宅では今後、SS式よりも表面波探査法のほうが主流になっていくのではないかと思います。

スポンサーリンク

フォローする