【ウッドデッキ】イタウバ材の色・木目のバラツキについて

イタウバ色・木目バラツキ1

イタウバはハードウッドで丈夫ながらイペやウリンよりも安価、しかもささくれが出づらく素足でも歩ける安全な材として、ウッドデッキ材のなかでも人気があります。私も今のところ、このイタウバでウッドデッキを作成しようと計画しています。

そんな完璧に近い性能をもつイタウバですが、色や木目にバラツキがある、黒い斑点があるなどの、美観に影響するデメリットがあります。上記の写真は、イタウバ材の塗装比較テストで使用した材の余ったもの7枚を並べてみました。

【ウッドデッキ】イタウバ塗装・耐久性比較開始!
本日からイタウバを使用した塗料の耐久性比較テストを開始します。比較検証に必要なイタウバ材と3種類の塗料は既に購入済みで、今日は塗装を...

購入後、室内で日の当たらない場所で保管しています。色や木目にバラツキがあるのが良くわかりますよね。

イタウバ黒い斑点

↑中央の板は、黒い斑点が確認できます。板の色も濃いですね。

イタウバ色・木目バラツキ2

↑木目も結構違います。しかし、これはイタウバに限らず天然木なら程度の差はあれ違いは必ずあるものですので、この天然の色、木目の違いを味ととらえ、愛せるかどうかですね。私は上記のようなバラツキ、質感も大好きです。この程度のバラツキや黒い斑点なら十分許容できます。デメリットと感じる人は、他の材を選ぶか、樹脂製などの人工木を選ぶのがよいと思います。

イタウバ色・木目バラツキ3

う~ん、、、素敵♪

経年変化で色が結構変わっていくらしいので、その変化も楽しみなのですが、、、少しでも茶色い木の色味を長持ちさせたいので、定期的にオイルステインを塗って退色を遅らせようと計画しています。しかし、天然木の変化を何も塗らずに楽しみたいという思いもあります。シルバーグレーのウッドデッキも素敵なので、、とても悩ましい。

実際に我が家がウッドデッキを設けるまで、あと半年以上時間がありますので、検証結果をみながら、何も塗らずに無垢のままでいくか、定期的にオイルステインを塗っていいこうか決めようと思いま^^

スポンサーリンク

フォローする