初の全館浄水器のフィルター交換!

新居に移り住んで1年。全館浄水器のフィルター交換が1年毎になっているので、この機会にフィルター交換を行いました。

↑じゃーん。全館浄水ビューターのフィルター(新品)です。思っていたより小さい。350ml缶2本分程度でコンパクト。かつ軽い。これで1年間分の戸建て全部の水量を濾過するのかと思うと、少し心配になりますw

↑全館浄水器の格納場所は北側駐車スペースの隅っこ。散水栓の横にあります。

↑蓋をあけると、ステンレス製の筒が。この上蓋をあけると、フィルターが入っています。

↑ステンレスの筒を開ける前に、元栓を閉めます。

↑いよいよ開栓!勢いよく水が噴き出してくるため、まずは軽くネジを緩めます。写真中央の突起部分から、勢いよく水が噴き出しているのがわかりますでしょうか?

↑早速息子登場。勢いよく噴き出す水の飛沫に手をあてて楽しんでいます。外で何かしてると、必ず寄ってきますw

↑水が出なくなったら開栓。ペンチ1つあれば簡単に作業ができます。

↑中に格納されているフィルターを取り出すと、、、ぎゃー!きたねぇ!新品のフィルターと並べてみると、違いがよくわかりますね。水を大量に吸ってずっしりと重くなったフィルター。表面のフィルター膜には、水道管の赤錆でしょうか?茶色い汚れがびっしり!

↑1年間使用済みフィルターアップ。汚いっす。

↑フィルター膜ををカッターで切断して、中身をチェックしてみました。活性炭でしょうか。水を吸って重たいです。1年間よく頑張ってくれました。

↑新しいフィルター投入!投入後、また蓋をして水を通すのですが、ここで少し苦戦しました。水を通すと、その勢いで蓋部分に内蔵されているシリコンリングが飛び出してしまったのですが、なんとか解決。フィルター交換の作業時間はトータル30分程度。初めてで説明書を見ながらゆっくり作業しましたが、簡単でした。

↑フィルター交換後は、フィルターに付属している残留塩素測定試薬で塩素濃度をチェック!塩素が残っていると、水がピンク色になる薬です。

念のため、1年使用してフィルター交換する前の水も汲んでおいて、交換前と交換後の水両方でチェックしましたが、、どちらも透明のまま変化なし。しっかり塩素が除去されていて、1年経っても効果が持続していることを確認出来てうれしいのですが、変化がないのは面白くありませんw

全館浄水器は、導入して本当によかった設備です。イニシャルコスト15万円程度、年間のフィルター代も15,000円(税抜き)で、月額1300円弱。これで飲み水だけでなく家じゅうすべての水が塩素や不純物が除去されたクリーンな水になるのです。

水は美味しいし、お風呂の水も塩素がない水で、頭皮や肌には確実によい環境になりました。妻の手荒れは旧居のときと比べて格段によくなりました。食洗器などの効果もあると思いますが、手荒れやあかぎれは大幅に軽減しました。フィルター交換も自分たちで出来るし、お手軽でランニングコストも安い。本当によい買い物をしました。これからも継続して使い続けていこうと思います^^

塩素をしっかり除去!全館浄水にして本当によかった!
新築を機に導入したかった設備、全館浄水器。 施主支給で取り付けてもらったのですが、設置して本当によかったです。使用して半年近く経ちまし...

スポンサーリンク

フォローする