【ウッドデッキ】ハードウッド耐久性比較:1年(12ヶ月)経過

ハードウッド耐久性比較開始から1年(12ヶ月)経過しました。やっと1年、といった感じです。イペ、ウリン、マニルカラ(アマゾンジャラ)、イタウバ、セランガンバツーの5種と、ハードウットとソフトウッドの中間的な強度のサイプレス、ウッドデッキ材として昔からメジャーな存在であったWRC(ウェスタンレッドシダー)は無塗装材(=無垢材)とオイルステイン(オスモカラーウッドステインクリアープラス)を塗装して耐久性および変化を比較してきました。

冒頭の写真のとおり、無塗装材は退色が進みすっかりシルバーグレーになった材もありますが、さすがハードウッド、耐久性には全く問題ありません。見た目も塗装した材よりも味があってキレイです。

ハードウッド耐久性比較1年経過:表面

イペ

↑イペ。この写真だとわかりづらいのですが、退色した無塗装のイペの表面は肉眼だとまさに白銀といった感じでとても美しいです。塗装材はご覧のとおり剥げ剥げで汚い感じ。

↑イペ無塗装アップ。細かい割れがたくさんあり、指を這わせるとささくれが引っかかりそうで怖いのですが、以外にも大丈夫でした。イペは堅く強靭な分、ささくれも堅く刺さりやすいのですが、今回は大丈夫でした。しかし、やはり素足前提でウッドデッキを検討しているならば使用すべき材ではないでしょう。我が家は素足でも使用することがあるためイタウバにしたわけですが、土足前提ならば価格は高いけれども頑丈で木目も綺麗なイペは、筆頭候補だったと思います。

↑イペ塗装材アップ。写真だと見るも無残な感じですねw

ウリン

↑続いてウリン。アイアンウッドという別名で頑丈さではイペと並び非常に評価が高い材です。1年ですっかり色が抜けました。

↑ウリン無塗装表面アップ。木目が均一で綺麗です。表面も滑らか。指を這わせてみましたが、こちらもトゲなどが刺さることはありませんでした、しかし、イペと同じくささくれは堅く刺さると危険なので素足ではダメですね。アクも大量にでるので好みは分かれるかもしれませんが、赤褐色の風合いは高級感があり、好きな人はハマるのではないかと思います。我が家も門柱の柱材はウリンを使用しました。最強クラスのハードウッドでかつ、特に水に強いとされるウリンは、花壇の中に埋め込む柱材としては頼りになると思ったことと、リーベではイタウバの70角より価格が安かったので選びました。

↑ウリン塗装材表面アップ。他のオイルステインよりも持ちが良いオスモでも、1年経つと剥げた感じが汚くなってしまいます。可能であれば、汚くなる前に再塗装をして綺麗に保ちたいですね。それが出来ないならば無塗装のままのほうがコストがかからずシルバーグレーの質感を楽しめるので、塗装はしないほうがよいかもしれません。

マニルカラ

↑マニルカラ(=アマゾンジャラ)。ウリンにそっくりです。年間を通じて、退色具合や質感の変化がウリンに酷似していました。似てたのにアクの出る量はウリンよりも少なく、表面の状態も良かったため、かなり優秀な材ではないかと思います。

↑マニルカラ無塗装アップ。退色の進行が最も早かったのですが、木目が均一でとても綺麗です。ウリンよりも色が薄く、白さが際立っています。ウリンはもう少し濃いグレーといった感じ。

↑マニルカラ塗装材アップ。剥げ方が均一ではなく汚い感じですが、これはマニルカラに限ったことではなく、塗り方や配置場所の影響もあると思います。

イタウバ

↑イタウバ。我が家のウッドデッキや門柱、フェンスのほとんどはこのイタウバです。なのでどうしても贔屓目で見てしまうのですが、素足前提のウッドデッキを希望するならハードウッドのなかでは今のところイタウバ一択ではないかと思うのです。イペやウリンほどではないけれど堅くて長持ちする上にトゲやササクレは出づらく、出たとしてもイペやウリンのように堅くはないのでケガのリスクは少ない。かつ価格も今のところイペやウリンと比べても安価。欠点といえば木目や色のバラツキが大きいことですが、それを天然木の味と捉えることができる方ならば、気にならないでしょう。1年の検証を通じて、評判通りトゲやササクレはほとんどなく滑らかでした。

↑イタウバ無塗装アップ。1年経過しましたが他の材と比較して色は濃く、退色の進行は遅かったです。別で検証しているイタウバ塗装耐久性比較でも無塗装材はまだシルバーグレーというよりもこげ茶というか黒っぽい感じ。水に濡れれば真っ黒。色の変化が激しい材という評判どおり、見ていて飽きない楽しい材でもあります。

↑イタウバ塗装材アップ。なぜかこいつだけ、塗装があまり剥げずに残っています。

セランガンバツー

↑セランガンバツー。堅さと耐久性はイタウバと同程度、最初の色は黄褐色で似ているところがあるけれど、表面はガサガサしててトゲやササクレがでやすいという欠点を持つ惜しい材。ハードウッドのなかでは比較的安価なことと、色や木目のバラツキはイタウバより少なそうなので人気が出そうなのですが、トゲやササクレが出やすいという欠点は個人宅向けで素足前提だとどうしても敬遠してしまいます。土足前提ならばアリではないかと思います^^

↑セランガンバツー無塗装アップ。年間を通じて、バリバリのがっさがさでしたが、1年経過後も見た目はこのとおり。何度か指を這わせてみましたが高確率でトゲが刺さり、抜きました。しかし、、、今回は意外と滑らかでトゲが刺さるようなことはありませんでしたw

↑セランガンバツー塗装材アップ。こいつも剥げ感が出てますが、ワイルドでいい感じでもあります。

サイプレス

↑サイプレス。持つと軽く、ハードウッド?な存在。けどソフトウッドよりは堅くシロアリ耐性は非常に高くて丈夫といわれています。個人的にはハードウッドとソフトウッドの中間的な存在だと思っていますが、質感は上記のハードウッド達にはない独特なものなのであり、柔らかい印象。実際素足で踏んでみると、ハードウッドの堅く冷たい感じではなく、もう少し柔らかくて無垢!って感じがして、とてもいい感じです。しかし、屋外の曝露した環境で使用するには頼りない感じがします。

↑サイプレス無塗装アップ。中央に大きな割れが2本。検証初期からこの割れが入っていましたが、板の厚さが12mm程度しかないこともあり、簡単に割れそうです。色はキレイにグレーになりました。

↑サイプレス塗装材アップ。塗装があまり剥げずに、木レイに残っています。割れやすいサイプレスですが、この材は木口に大き目の割れが3本ほど入っている状態で、無塗装材のように端までは割れていません。オイルステインの効果でしょうか?

WRC(ウェスタンレッドシダー)

↑ウェスタンレッドシダー。ソフトウッドながらも長年ウッドデッキ材の代表格として利用され続けてきた功績に敬意を表し、検証に加えていますw

これも他のハードウッドとはサイズが違い、2×4サイズなので厚みがある分強度があります。しかしソフトウッドなので、他のハードウッドよりは劣化が早いと思っていますが1年経過時点では大差ありません。

柔らかく軽くて加工がしやすく狂いも少ない、踏み心地もやわらかいので素足でもいけます。長年ウッドデッキ材に選ばれ続けてきただけのことはあるので、自分でカスタマイズしたり弄ってメンテナンスしたいのならば、加工が大変なハードウッドよりも良い材なのではないかと思います。しかし、今年に入り価格がかなり高騰してしまったらしいので、ハードウッドと値段があまり変わらないのであれば、ウェスタンレッドシダーを選ぶメリットが少なくなります。良い材だと思うのですけどね。

↑WRC無塗装材アップ。例に漏れずシルバーグレーに退色。表面はキレイです。

↑WRC塗装材アップ。これもサイプレス同様、塗装があまり剥げることなく安定しています。

↑右からクマル、エコアコールウッド、ガラッパの無塗装。どれも1年を通じて安定していました。一番驚いたのはエコアコールウッド。元は国産杉材なのにハードウッド並みの耐久性を誇るという評判は伊達じゃありませんでした。持った感じも軽くて完全にソフトウッドなのに、これには本当に驚かされました。ソフトウッドの質感が好きで、ハードウッド並みの耐久性を実現させた夢のような材ですが、価格もハードウッド並みなのと取り扱いサイズが少ないのが難点でしょうか。まだ1年経過なので今後の耐久性比較が楽しみな材です。

クマルも安定していました。木目もワイルドな感じで結構好きです。ガラッパも安定していましたが、、、あまり興味がわきませんゴメンナサイw

ハードウッド耐久性比較1年経過:断面

続いて、断面の比較です。検証当初は細かくチェックしていたのですが、途中からあまりにも変化がなくなってしまったため、チェックするのをやめました。今回は丸1年経過という節目ですので、改めて断面もチェックしてみたいと思います。

イペ

↑イペ断面。1枚目が12ヶ月経過時のもので、2枚目が6ヶ月経過時点のものです。退色は進みましたが、割れ具合は6ヶ月時点と大差ありません。

ウリン

↑続いてウリン。こちらもイペと同様に退色は進めど割れ具合は6ヶ月経過時点と大差なし。

マニルカラ

↑マニルカラ断面。これも6ヶ月時点と大差なし。安定してきたということでしょうか。

イタウバ

↑イタウバ断面。これも大差なし。さすがハードウッド!

セランガンバツー

↑セランガンバツー断面。この主要5種のなかで最も劣化が気になる存在でしたが、これも退色以外は半年前と大差ありません。

サイプレス

↑主要5種とは異なり、材の厚さが12mmしかないので比較は難しいのですが、検証初期から大きな割れが断面にまで入っていました。

WRC(ウェスタンレッドシダー)

↑あまり変化はなく安定しています。

↑イタウバでフェンスを作成&オスモを塗装しつつ、ハードウッドの塗装材を再塗装している風景です。表面の汚れをとり、サンダーで研磨してキレイにしてから、1年前に塗布したものと同じオスモカラーウッドステインクリアープラスを再塗装します。今回も2度塗りをする予定。本日は1度塗りをして乾かし、翌週2度塗りをする予定です。

↑翌日、再塗装(1度塗り)したハードウッド達を室内にて撮影。結構強くサンダーがけしてからオスモを塗ったのですが、塗装の剥げ感が酷かったマニルカラなどは、剥げ部分がきれいになりませんでした^^;2度塗りしたら変わるかな~?

右端はイペ、中央がウリン、その左隣がマニルカラです。イペはラフな木目感が出て結構素敵です。ウリンはあまり変わらず。マニルカラは上述のとおり剥げが消えずに残ってしまいました。

↑イタウバ、セランガンバツー。イタウバは色が濃くなった感じ。セランガンバツーはイペ同様に剥げが抑えられて木目感が出て、いい感じになりました。

↑サイプレスとWRC。この2つの塗装材はあまり劣化してなかったので、あまり変化はありません。キレイです。サイプレスの右隣、セランガンバツーが本当にいい感じ。再塗装で蘇りましたw

今後は3ヶ月もしくは6ヶ月毎に検証しようかと考えています。これまでと違う点は、オスモの塗装を1年毎から6ヶ月毎にする予定です。この1年間の検証で、メンテナンスせずに1年おいてしまうと塗装の劣化が激しくみすぼらしくなってしまうので、それを防止するためでもあります。見た目が無塗装のほうが良いのならば、わざわざ手間とコストをかけて塗装なんてしないほうが良いですからね。塗装をしてキレイに維持&耐久性アップの効果を期待しつつ、メンテナンス期間を短縮して検証してみます。

▼ハードウッド耐久性比較記事一覧はこちら!

【ウッドデッキ】ハードウッド耐久性比較一覧
ウッドデッキ材(ハードウッド)の耐久性比較を試みています。イペ、ウリン、マニルカラ(アマゾンジャラ)、イタウバ、セランガンバツーの5種類を無塗装、オスモカラー塗装の2パターンで比較!

▼イタウバ塗装・耐久性比較記事一覧はこちら!

【ウッドデッキ】イタウバ塗装・耐久性比較一覧
イタウバを使用した塗料3種の耐久性比較テストを行なっています。無塗装2枚と塗装した3枚を定期的に比較。撥水性や塗料の保ち具合、無塗装との退色の差などをチェックしています
スポンサーリンク

フォローする