【DIY】ウッドデッキ基礎は鉄骨大引工法で!ZAM鋼製材で試作4

ZAM鋼製材を使用した鉄骨大引工法の試作も大詰め!今回で最後です。いよいよ楽しみな床板張りです^^

↑イメージとしてはこんな感じ。床板のイメージとして、先日加工した門柱の板を使用しました。ZAM鋼製材の大引きに、床板をどんどん乗せていきます。隙間は3mmずつあけていく予定。上記の写真だと大引き2本ですが、実際は大引きを3本渡して、その上に長さ2100mmの床板をのせて、それぞれの大引に2本ずつビスを打っていきます。床板1本につき、計6本のビスを打ちます。

↑美しいイタウバ。リーベさんで購入したものですが、イタウバは厚さ20mmの材は回転が良いためか、綺麗な材が多い印象です。

↑ビスは匠力のステンレス製ウッドデッキビスを使用。ステンレス製で錆に強く、フレキ頭にハイローネジという、まさにウッドデッキ用に作られた最強のビス!

↑だいぶ前に撮った写真ですが、今回使用するウッドデッキビスの現物です。さて、無事に下穴を通り、しっかり固定できるのか。。。

↑じゃーん。無事に打つことができました!

↑裏返すと、下穴を貫通して1~1.5mm飛び出してネジが食い込んでます。大成功!、、といいたいところなのですが、1点不安がありました。床板の穴と下穴の位置がズレが大きいと、ビスをねじ込むときにかなり強い圧力がかかって、最悪ビスが折れるか床板が割れる懸念があります。これは床板の穴と大引に開ける穴の位置をしっかりあわせて、可能な限り穴の位置のズレを少なくするしかないのですが、結構神経を使いそうです。

しかし、位置さえ上手く合わせられれば、かなりしっかり固定できて頑丈なウッドデッキになりそう。上手くできるか不安はありますが、この試作の方法でいくことに決めました!

あとは必要な材料を購入していくわけですが、合計で4~5万円はするので、やはり試作をして使用する材料の選定を行うのは重要。床板やウッドフェンスの材料は既に購入済みなので、あとは以下の材料を揃えればOK。

ZAM鋼製材(大引)3m×6本

ZAM鋼製材(根太)2.4m×4本(2mにカット)

ZAM鋼製束24本

床板用ビス:400本(100本1箱なので4箱)

ビスはamazon、ZAM鋼製材はサンワカンパニーで購入しました。本格的なウッドデッキの製作開始は11月3日から。新居での製作、今から楽しみです。

【DIY】ピンチ!ウッドデッキ基礎がものすごくグラつく件
引渡し後の週末3連休、すぐさま新居へGo! 念願のウッドデッキを作成するために、朝から新居へ。我が家のウッドデッキの基礎は鉄骨...
【DIY】ウッドデッキ基礎の横揺れ対策!余っていたイタウバの90角が大活躍!
先週、意気揚々と鋼製束&根太で鉄骨大引工法の基礎を作ってみたところ、、、激しい横揺れが発生してしまったため、急遽設計を見直すことに。今週の平...
エアコン設置工事に間に合った!?ウッドデッキの床板張り
本日、エアコンの設置工事がありました。全部で5台。1階1台、2階4台だったので、結構時間がかかりました。朝の9時~15時までかかりま...
【ウッドデッキ】1年半経過しても完成しないウッドデッキ。製作再開!
4月も中旬に入り、暖かい日が増えてきました。ということで、長らく放置してしまっていたウッドデッキの製作を再開します! ↑はい。...
スポンサーリンク

フォローする