塗装前の仕上げをキレイに!電動サンダー購入!

物欲が止まらない!買っちゃいました電動サンダー!日立工機製オービタルサンダーFSV10SAです^^

先日、4月下旬に購入していた坂爪製作所のハンドサンダーで、イタウバのフェンス材をシコシコ磨いてみたんです。


sakazume ハンドサンダー クリップ式 70×200mm HSC-200

↑これ。amazonで1,482円で購入。レビューも良く「サンダー」カテゴリーでは、ベストセラー1位!グリップが握りやすくて使いやすく、とてもいい感じだったのですが、フェンス材も床材も枚数が多いため、これ全部手動でやるのはキツいだろうなぁ。と思い、電動サンダーの購入を検討。いろいろ悩んだあげく、日立工機製のヤツを買っちゃいました!w

日立工機 オービタルサンダー 92mm×184mm 集じんタイプ AC100V 穴あけパンチプレート付 FSV10SA

↑これ。ハンドサンダーと同じくamazonで購入。7,800円でした。なかなか格好いいです。ずっしり重そうですが、1.3kg。そんなに重くありません。

ついでに紙やすりも!よく使いそうな240番!しかし今後はウッドデッキ用には、別途近所のホームセンターで布製のヤスリを購入しようと思っています。アマゾンで手軽に購入するのもアリですが、紙&布ヤスリはホームセンターの方が安いので♪
重さはそこそこありますが、その重さのおかげで力を入れずとも見事に磨いてくれちゃいます(^-^)

また、集塵機能付きで粉を結構吸ってくれます。完全には吸ってくれない簡易的なものですが、これくらいでも付いてると結構助かります。あまり大量に吸い込むと体によくないですからね!素材がイペだと、粉塵を吸い込むとアレルギーが、目や肌につくと接触性の皮膚アレルギーが生じることがあるらしいので、できる限り木屑は撒き散らさず、集塵機能で吸い取ってほしいですよね。集塵機能+マスク着用ならば、粉塵を吸い込むリスクはかなり低減できますね。

↑【2017/9/2追記】イタウバのフェンス材(幅90mm×長さ1200mm)を50枚、両面サンダー掛けしたあとに集塵袋から粉塵を取り出してみました。ご覧のとおり、結構粉塵がたまりました。まるできな粉みたい。おいしそう。。。集塵袋にもびっしり粉がついています。

さらに!市販の紙ヤスリを付けられるように穴空けるやつがついてます。これも結構便利!

音は、、、結構うるさいかも

これは仕方ないと思いますが、モーター音が結構します。ただし、他のオービタルサンダーと比較すると、かなり静かなほう。振動も安定しているので、性能は良いですね。レビューが良いのも納得です。マンションなので音には結構気を使いますが、週末の昼間に30分程度だからゴメンナサイ許して~(-人-)ってな感じで、控えめに作業してます^^;

まだ少ししか使用していませんが、イタウバの床材30×105×2100mm×56枚、イタウバのフェンス材16×90×1200mm×81枚には確実に使用する予定なのと、今後もメンテナンスで塗装しなおす時などにも使うでしょうから、購入してよかったです。大活躍してくれそうです♪

検討段階では、もっと安価なものにしようかな?なんて思ったりもしましたが、昨年買ったドリルドライバーが日立工機製で、とても良いモノだったのでサンダーも日立工機製に。次に購入予定のスライド丸ノコも、日立工機製のを購入予定。日立工機で揃える勢い!がんばれ国産メーカー!マキタやBOSCHのやつも惹かれるんですけどね~。

惹かれるといえば、検討初期段階ではブラックアンドデッカーのマルチツールプラスに強く惹かれてました。だって、2万円弱でインパクトドライバー、ドリルドライバー、丸ノコ、サンダーの4WAY仕様っすよ!DIY初心者のニーズを捉えた良品っすよこれは!


ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール プラス 18V EVO183P1

↑DIY初心者で最初はあまりコストをかけたくないという人は多いはず。私も半年前はすぐに飽きるかもしれないと思い、これがいいのではないかと購入一歩手前までいきました。しかし、作成予定のウッドデッキ&フェンスがそこそこ大きい(奥行き2m×幅6m)ことと、ウッドデッキがらみで色々調べているうちに製作意欲がわいてきたため、マルチツールはやめてそれぞれ個別に購入することにしました。

DIYはハマってくると同じ用途の道具でも複数台使い分けたりしたくなるらしいので、いずれはこのマルチツールにも手を出すかもしれません。そこまでハマって夢中になれたらいいなと思うのですがw

スポンサーリンク

フォローする