門柱に使用した松本船舶製マリンランプの色変化

新居に移り住んで1年経過し、家や外構の変化をチェックしていると、様々な気づきがあります。今回は自作門柱の重要なポイントであるマリンランプにスポットを当ててみました。

松本船舶のマリンランプ1号フランジ(ゴールド)。設置前、新品の状態。真鍮の色がいい感じで、まさにマリンランプって感じで素敵でした。

↑1年経過後の状態。風雨に曝され黒っぽく変色しましたが、これはこれで雰囲気があって良い感じです^^

↑1月下旬。雪が降ったときは傘に雪が積もってキノコみたいになってましたw

↑イタウバの門柱&フェンスとも相性がよく、格好いい。雰囲気がとてもよくて飽きがこないので、気に入っています♪

イタウバ製の門柱は、これまでオイルステインの再塗装を2度実施していますが、マリンランプについては本当に何もしていません。拭いたり磨いたりなんてこともせず、本当にノーメンテ。お値段手ごろで耐久性が高いところも◎

まだ1年しか経っていませんが、これからも長くわが家の玄関先を照らして楽しませてくれそうです^^

スポンサーリンク

フォローする