床下収納は要らない?設置場所が重要!

先日、1階洗面室&ランドリースペースの記事をアップしたのですが、そこでサラっと流した床下収納。これ、検討初期段階では正直要らねー、、と思っていました。新築不要設備シリーズに入れようかと思ったくらいw

開けづらい=利用しづらい、収納力があまりない、床が格好わるくなったりフラットじゃなくなって歩きづらくなる等々。設置しても使う頻度は低そうだし、デメリットが多いので付けなくていいか。要らないな。と思っていたのです。

しかし、床下点検口は絶対に必要なので、床下収納を付けないからといって、床に蓋がつかないわけじゃないということを知り、うーん。。。それなら床下収納にしちゃってもいいか!大したコストじゃないし!ということで、設置することにしました。

キッチンに設置するパターンが多い?

設置すると決まったので、設置場所を決めなければいけません。床下収納をキッチンに設置するパターンが多いらしいのですが、我が家のLDKの床は全面無垢材。キッチンの前はシートやマットを敷いたりするものの、蓋の継ぎ目部分などの出っ張りの影響で、踏みごこちに違和感がでるのが嫌。それと、人が頻繁に通る&汚れやすい場所なので、そんな場所に収納を設けるのも何だか嫌。

ということで、我が家は床下収納を水周りが集中しているランドリースペースに設置しました。

↑洗面室からランドリースペースを撮影。その奥はLDK。水周りが集中するこの場所に、床下収納&点検口を設置。家族がほぼ毎日利用する場所ではあるけれど、来客時はドアを閉めて隠せる人目につきづらい場所なのと、ここはCF(クッションフロア)なので、穴を開けられ蓋をつけられてもダメージなしw

↑開けてみました。蓋をあけると、さらに断熱材になっている内蓋?がありました。開けるの面倒だけど、床の断熱も大切ですからね。気密性も結構ありそう。

↑思っていたよりも収納力ありそうだし清潔そう。今のところ、我が家では収納が足りていることもあり床下収納の中は空っぽですが、何かしら活用できそう。使用頻度は低いとは思いますがw

ということで、我が家の床下収納&点検口でした。収納スペースというよりも、設置場所に重点を置いて設置したので、あまり参考にならないかもしれませんが、使用用途が決まって何か入れ始めたら、この記事に追記しようと思います^^

スポンサーリンク

フォローする