【DIY】SPF製・子供用踏み台メンテナンス&再塗装

昨年11月に作成した、SPF(2×4、6フィート)1本で作成した子供用踏み台のメンテナンスと、再塗装を行いました。

【DIY】子供用の踏み台をSPF1本で作成!
4歳の息子が、洗面台の水栓まで手が届かない!ということで、子供用の踏み台を作成することにしました。後回しでもよかったのですが、最近は...

この踏み台、息子だけでなく妻も踏み台として頻繁に活用してくれており、役に立っています!嬉しい!w

よく使ってくれているので、少し汚れが目立ってきたことと、作成当時忙しかったこともあり作りが雑だったので、その改善を含めたメンテナンスと再塗装です。

↑じゃーん。写真だとあまりわからないかもしれませんが、塗装面が少しきたなくなっていたり、はげかかったりしています。踏み台はブライワックスのジャコビアンで塗装したのですが、その質感も既に無くなっています。

↑側面です。側面と補助の部材は、ワトコオイルのダークウォルナットで塗装(1度塗り)したのですが、今見るとなんだか汚らしく質感が悪いです。1度塗りだからか、ダークという割にはあまり色が濃くなく、オークに近い感じ。コーススレッドを抜いて分解して、サンダーをかけてから再塗装します。

↑踏み板をはずし、再塗装。写真右は適当にサンダーかけたあとのものです。面倒なのと、あまり踏み板をゴリゴリ削りたくないので、この程度磨いた時点で再塗装しました。写真左が再塗装したもの。最近色んな家具作成で使用している、カンペハピオのオイルステイン(新ウォルナット)で再塗装しました。一度塗りですが、上記のとおり前の塗装を残しているせいか、色が濃いです。

↑塗装した踏み板をステンレスのコーススレッドで固定。前に使用していたコーススレッドはホームセンターで購入した安いものだったのですが、柔らかくネジ山をナメまくったり途中で折れたりしたので、強いやつに変更。ウッドデッキでも使用している、匠力製のコーススレッドです。さすが匠力、ネジ山をなめることなくスイスイ入っていきます。やはり多少高くても品質がよいものを使うと安心安全だし気分がいいです^^

↑メンテ&再塗装終了!なんか濃い。けど結構気にいってます。コーススレッドは全て交換したのでコストかけちゃってますが、これも経験の一つということでよしとしますw

↑昨年11月の無塗装状態。だっ、だれだ!こっちのほうが良いって言ったのは!w

安いSPF一本と、寄せ集めの材料で作った踏み台ですが、こうやってメンテナンスすると愛着が湧きます。飽きたらまた好きな色に塗り直してもいいし、色々試してみるのも面白い。違う色でもう1台作ってみようかな~なんて思ったり。

なかなか腕は上がりませんが、毎回新しいことに挑戦しつつ、より良いものを作っていけたらと思ってます(^-^)