カンペハピオのオイルステイン×ブライワックス(クリア)を試してみた

2018年の目標の一つである木工作品の品質向上を目指して、ずっと気になっていたオイルステイン、カンペハピオを5種類購入して試し塗りをしてみました!

試し塗り用サンプル材

↑試し塗りのサンプル材として、SPFのワンバイ材を使用することにしました。6フィート(1820mm)2本を18cmずつに切断し、合計20本のサンプル材を用意しました。

カンペハピオ オイルステイン5色

購入したカンペハピオのオイルステインの色は下記のとおり。すべてamazonで購入。

ブラックだけは、結構使用する機会がありそうかな?と思い、300mlを購入してしまいました。そのほかはすべて100ml。

ブライワックス クリア

↑もう1つ、試してみたかったのがBRIWAX(ブライワックス)のクリア。前にジャコビアンを購入して使ってみましたが、オイルステイン塗布後にブライワックス塗って艶を出したいなら、いろんな素材に使用できそうなクリアのほうが使いやすいのではないか?と思っていたので、この機会に購入しちゃいました。今回購入したカンペハピオの各色を塗布後に、コイツを塗って仕上げをしてみようかと思っています^^

↑ブライワックスの空けづらい蓋をあけてみると、、、ジャコビアンとは違いやさしい色のワックスがでてきました♪

↑ジャコビアンはコレ。黒っ!

材料がそろったところで、試し塗り開始!今日はひとまず試し塗りということで、各色すべて一度塗りしたあとに、そのうちの1枚だけ、上からブライワックスのクリアを塗って布で磨き仕上げをしてみました。

カンペハピオ・チーク

↑まずはチーク。なかなかいい感じです。一番左のサンプル材は、カンペハピオを1度塗り後に、ブライワックス(クリア)を上塗りして磨き上げました。この写真だとわかりづらいですが、艶が出て光沢があります。中央と右端は、1度塗りのみ。翌週以降、時間があるときに、2度塗り&ウェット研磨という方法を試してみたいと思っています。

カンペハピオ・オーク

↑続いてオーク。妻が好きな色です。これもなかなかいい感じ。ブライワックスのジャコビアンに似ています。

カンペハピオ・新ウォルナット

↑次は新ウォルナット。なんか、もう1種類ウォルナットがあったのですが、「新」と書いてあったので、こっちを選びました。ワトコのダークウォルナットに似ていて良いです。

カンペハピオ・マホガニー

↑最後はマホガニー。本当は購入予定じゃなかったのですが、どうしても気になってしまい、、購入しちゃいました。マホガニーといえば高級で上品なイメージがありますが、どんな色になるのか楽しみ~♪と思いつつ塗ってみたところ、、、

紫???

紅芋タルトか?ってな感じの色。ちょっとイメージと違うなぁ。悪くはないんだけど、使いづらそう。

この記事を書きながら気づいたのですが、黒の写真を撮り忘れました^^;また後日ということでw

↑塗装後、乾いたところで前に作成した子供用踏み台の色と比較してみました。

【DIY】子供用の踏み台をSPF1本で作成!
4歳の息子が、洗面台の水栓まで手が届かない!ということで、子供用の踏み台を作成することにしました。後回しでもよかったのですが、最近は...

子供用踏み台は、踏み板をブライワックスのジャコビアンで塗装してあります。ジャコビアンだけの1度塗り。

写真左のビスが打ってあるのがブライワックスのジャコビアン。

右側上部が新ウォルナット×ブライワックス(クリア)

右側下部がチーク××ブライワックス(クリア)

↑向きを変えたり素材を変えたしながら比較をしてみて、質感をいろいろとチェックしてみました。今度はオークとチークをのせて確認。写真だとわかりづらいというか、私の写真のとり方が下手なのと写真に対する情熱が弱いため、あまり魅力的ではありませんね。

近日中に、ウェット研磨を試しながら、色見本を作成する予定です。そのときにはもっと質感が良くわかるように、いいカメラで撮影しようと思っていますが、カメラがよくても私の腕がダメなのでうまく撮れないかもしれませんw