【ウッドデッキ】ハードウッド耐久性比較:3週間経過

ハードウッドの比較開始から3週間経過しました。思っていたよりも変化が激しいので、毎週検証するのがとても楽しみになっています。この1週間は天候は比較的安定していましたが、1日だけ強い風雨の日があり、気温は高めでした。先週末、これまでコンクリートに直置きしてしまっていたハードウッドたちを杉材の上に配置するように変更しましたが、どのような変化があったでしょうか。

【ウッドデッキ】ハードウッド耐久性比較開始!
ウッドデッキ材(ハードウッド)の耐久性比較を試みています。イペ、ウリン、マニルカラ(アマゾンジャラ)、イタウバ、セランガンバツーの5種類を無塗装、オスモカラー塗装の2パターンで比較。

イペ

ハードウッド耐久性比較イペ3週目

左が無塗装、右がオスモカラークリアプラス(無着色)を塗布しています。かなり日差しが強く、材の色が明るく見えますが、検証開始からこのアングルは日光が良く当たる場所で撮影しているので、今回もこのアングルの写真は同様に撮りました。塗装してる方は風雨にさらされたせいか、汚れが目立ちます。

イペの断面。断面写真は場所を移して撮影。光が強いと木目やクラックの状態がわかりづらくなってしまうので、日差しが柔らかく差し込むべランダで撮影しました。先週よりも、細かいクラックが多く入っていますが、他の材に比べると安定しています。反りもほとんどありません。評判どおり、耐久性が高く安定していますね。

↑イペ無塗装断面のアップです。

↑イペ無塗装の表面です。検証開始当初はあまり好きな木目ではなかったのですが、何度も見てると、これはこれでいいなぁと感じるようになりました。木肌の状態は良好です。

↑ささくれ、割れは一切ありません。すべすべしてます。

ウリン

↑ウリン。先週より退色してるように見えるのは気のせいです。先週よりも光が強く当たっているため、全体的に薄くみえます。状態は先週から変化はありません。

↑ウリン断面。先週も割れが気になっていましたが、状態は変わらず。細かいですがイペよりも目立つ割れが何本か入っていますね。僅かに反ってます。

↑ウリン無塗装の断面アップ。

↑ウリン無塗装の表面。光が柔らかい場所だと色が濃いのがわかります。表面は少しざらついているように見えますが、指を滑らせても引っかかることもなく滑らかで状態は良好。とてもきれいです。

↑う~ん。なかなかいい木目ですね。

マニルカラ

↑マニルカラ。これもかなり退色したように見えますが、光の加減です。先週から変化はありません。

↑マニルカラ断面。細かい割れはありますが、安定してます。少し反ってますね。

↑マニルカラ断面アップ

マニルカラ無塗装表面。木肌がとても綺麗で安定してます。割れもささくれもありません。

イタウバ

↑イタウバ。先週と変わらず安定。と言いたいところですが、無塗装は若干色が濃くなったような気がします。先週の写真とくらべると薄くなってみえるのは先述のとおり光の加減ですね。実際は先週より濃くなったような印象です。木肌の状態は良好。

↑イタウバ断面。かなり細かい割れが見られる程度。

↑イタウバ無塗装断面アップ

イタウバ表面。ワイルドな木目でとても綺麗。さっきの日光直下の写真とは、色味がかなり違います。実際肉眼だと先週よりも濃くなっている印象。

セランガンバツ

セランガンバツ。真上から見た感じは綺麗で状態がよさそう。

セランガンバツ断面。先週に引き続き、割れも反りもほとんどなく安定。優秀です。

セランガンバツ無塗装表面。ガサガサでささくれがあります。指で撫でてみましたが、今日も棘がざっくりささりましたw

見た目はワイルドながら綺麗なんですけどねぇ。。安定してますし。ささくれだけが残念。

サイプレス

↑サイプレス。今のところ最も反りが強く、割れも大きなものが入っています。

↑サイプレス断面。うっ、反りが若干戻ってる?かなり反りが強かったのですが、少し戻ってます。これはやはり、、、コンクリートの上にサンプル材を直置きしていた状態から、杉材を一本かまして水捌けを良くし、板の裏面が濡れにくく乾きやすくなったためでしょうか。きっとそうに違いない。

サイプレス無塗装断面。大きな割れがありますが、それ以外の割れはかなり細かく気にならない程度。反りが戻った影響で、割れが目立たなくなったのかも。最初の2週間の変化が激しかったですね。

サイプレス無塗装表面。木肌は滑らかで綺麗です。

ウェスタンレッドシダー(WRC)

ウェスタンレッドシダー。厚さが他のハードウッドの倍あるため単純な比較はできないのですが、今のところ最も安定しているのではないかというくらい、変化がありません。無塗装の色が若干薄くなった程度。持つと軽く比重も低いので、ちょっと頼りない感じがしていたのですが、、さすが長年ウッドデッキ材として親しまれているだけあります。

WRC断面。割れ少なく安定してます。

↑WRC無塗装断面アップ

↑WRC無塗装表面。とても綺麗で触りごこちもよく良好。

おまけ

毎度おまけのエコアコールウッド、クマル、ガラッパ。しかし、、、予想以上の健闘っぷりをみせています。特にエコアコールウッド。これは本当にすごいw

エコアコールウッド断面。割れ反り一切なし!恐るべき安定感。今のところ強靭なハードウッドたちを上回る安定感です。

↑エコアコールウッド表面。とてもきれい。割れもささくれもなーんもない。杉の良い香りがするんです。

↑クマル断面。細かい割れはありますが、反りはなく安定してます。

↑クマル表面。イペに似てますね。割れ、ささくれなく綺麗です。

↑ガラッパ断面。サンプルだから仕方ないのですが、切り口が汚いですねw細かい割れが結構あります。反りも。ただ、他の材より小さいので、そのせいでもあるかもしれません。

ガラッパ表面。滑らかでとても綺麗なんです。エコアコール、クマル、ガラッパのおまけ君たち、今のところとても優秀ですw

総評

メインで比較しているハードウッド5種(イペ、ウリン、マニルカラ、イタウバ、セランガンバツ)については、先週から変化はほとんど無し。これまで一番変化があったサイプレスは、反りが少し戻り、その影響か割れが少し目立たなくなっていました。これは配置場所の改善が大きく影響しておこった現象だと思います。先週の総評でも書きましたが、私のハードウッドの配置場所の仕方が悪く、コンクリートの上に直置きしていたため、水捌けがわるくそれぞれの板の裏面がなかなか乾かない状態になっていました。それが下記の写真のように、杉材の上に配置するようにしたので、板の裏側が濡れにくく乾きやすい状態になったため、サイプレスの反り具合に変化が出たのだと思います。

他のハードウッドもサイプレス同様に、しかも同じ方向に反りが発生していましたが、サイプレスよりも堅く安定しているため、変化が緩やかだったのだと思います。これから先、他のハードウッドも同じように反りが戻る可能性があるのではないかと思います。

あと驚いたのはエコアコールウッドの安定感。堅いハードウッドでも3週間で様々な変化がありましたが、エコアコールウッドは多少退色した程度で割れや反りが一切なく、今のところハードウッドよりも安定しています。材の軽さ、元は杉ということで柔らかそうなのですが、この安定っぷり。今後の検証も楽しみです。

▼ハードウッド耐久性比較記事一覧はこちら!

【ウッドデッキ】ハードウッド耐久性比較一覧
ウッドデッキ材(ハードウッド)の耐久性比較を試みています。イペ、ウリン、マニルカラ(アマゾンジャラ)、イタウバ、セランガンバツーの5種類を無塗装、オスモカラー塗装の2パターンで比較!

▼イタウバ塗装・耐久性比較記事一覧はこちら!

【ウッドデッキ】イタウバ塗装・耐久性比較一覧
イタウバを使用した塗料3種の耐久性比較テストを行なっています。無塗装2枚と塗装した3枚を定期的に比較。撥水性や塗料の保ち具合、無塗装との退色の差などをチェックしています